出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎県知事をそのまんま東に任せる愚かさと非難する愚かさ

糸山英太郎という人に関して、我輩はなにも知らないのだが、有権者は政策で首長を選べ!を読んで大笑いさせてもらった。ジョークとしては低レベルだが、それを大真面目にやりのけるその滑稽さがすばらしい。

この文の副タイトルは宮崎県知事をそのまんま東に任せる愚かさだ。悪質な差別意識が満載されているので、是非読んでいただきたい。ただし気分が悪くなるかもしれないことは先に警告しておく。

そうそう、読む際にはこの文のタイトルが有権者は政策で首長を選べ!であることを頭の隅に入れておいてほしい。

【続きを読む…】

スポンサーサイト

よけいなことは報道するな

殴打…頭から血「寒い」 勇貴容疑者、震える妹に衣服かけ“浮気疑惑”きっかけで直前「離婚話」浮上?モデル風妻、夫を「重かったので切断」などは、タイトルを読むだけでも気分が悪くなってくる。内容などは読む気にもならない。こんな報道をしてなんの役に立つのだろうか。

産経新聞で記者を勤める原口和久さんに次のような質問をしてみた(一部カット)。

このような事件を報道することの意味が全く分からない。この記事は容疑者が捕まっていなかった時点でのものだが、容疑者が捕まり犯行を認めているような事件ー最近で言えば歯科医家庭での殺人事件ーを報道してなんの役に立つのか理解に苦しむ。

このような事件を子供の頃から何度も何度も見聞きしていたら、くぼたさんが仰るように、「日本人は人を平気で殺すようになっ」ても不思議ではない。なにしろそんなことは見慣れた風景でしかなくなってしまうのだから。

センセーショナルな事件を報道することによって、メディアに金儲けのきっかけを与えるほかには、モラルを低下させる役目しか果たしていないように思えるのだが、他になにか積極的な意義を知っている人がいたら教えてほしい。

そして返ってきた答えは
【続きを読む…】

平井堅という男はどうしてくだらないことをするのだ

飲酒≠運転はいつになったら浸透するか?という記事から引用する。

筆者の左となりの二人席には「車で来店した女性二人」がクリスマスディナーを楽しんでいたのだが、その方々はフルボトルのシャンパンを「二人」で飲んでいた。メインディッシュが終わりデザートが運ばれてこようとしたその時、その女性達は他の客が店を出て車を運転して帰るところを見て、以下のような会話を交わしたのである

女性1「今の人たち車で帰っていったよ」
女性2「えー飲んでたんじゃないの?」
女性1「ううん。一人はジュース飲んでた」
女性2「えー!!それってウチらはありえないよね!!(一緒に来ているのに飲まない人がいる、ということが)」
女性1「でも、(帰り)タクシーってわけにもねぇ」
女性2「とりあえず水飲んで酔い醒ますかー。」

自動車はあまりにも日常的な存在となっているが、その殺傷能力には驚くべきものがある。睡眠不足や疲労あるいは酒酔いなどにより、運転する人が状況に対応するための能力が低下している場合、これは恐るべき凶器となる。

これは法律に詳しい人に聞きたいのだが、酒に酔っ払って街中でナイフを振り回しているとどのような罪に問われるのだろうか。とはいえ我輩にとっては、ナイフを振り回している酔っ払いより、自動車を運転している酔っ払いの方がずっと恐ろしい。

酔っ払うと運動能力が低下するので、ナイフを振り回してる酔っ払いは動きが鈍くなるため、こちらとしては逃げるにしろナイフを叩き落すにしろそれほど難しいことではない。

ところが酔っ払いが運転している自動車は、人間の運動能力を大幅に上回る機動力がある。酔っ払いがうっかりアクセルをちょっと踏み込むだけで人に大きな怪我をさせることができるのだ。

酔っ払って自動車を運転する人を、無差別殺人未遂として取り締まることはできないのだろうか。なにしろ少子化が懸念されている我が国では毎年7000人ほどの人が交通事故で殺されているのである。法務大臣よ、韓国・朝鮮と中国からの帰化を許可するなにあるように、毎年15000人ほどを韓国・朝鮮と中国から帰化させているのは、これを補うためなのだろうか。

【続きを読む…】

子供に大人より高い責任を負わせる我が国

[早稲田実業]1年生野球部員が盗み 高野連への報告遅れる

対外試合の禁止処分などを決定する日本学生野球協会審査室への上申は見送られた。

全く不可解だ。

年棒を稼いでいるプロがひき逃げ事故を起こしても、その雇い主である球団はのうのうとしていられるのに、こと高校生に対しては共産独裁恐怖政治を髣髴させるような連帯責任を負わせようと、不気味な審査室というものが設けられているのだから。

これは正に日本のいじめ:藤原紀香と陣内智則の結婚に絡めてで紹介した外からみる日本のいじめが指摘した内容ではないか。

【続きを読む…】

被雇用者に対する搾取が続く日本

サービス残業などと、まるで自ら喜んでただ働きしているようなイメージを与える言葉を作ったのは誰なのだろうか。

日本人は、自分の権利を主張しないことが多いようで、ただ働きをして、挙句の果てには過労死などという恐ろしい状況に追い込まれたりする。会社から見ればこんなに使いでのある人はいなくて大助かりなのだろう。

ところが、漢人はそんな「団体精神」などないので、するべき主張をはっきりすることが多い。

三沢の縫製会社残業代不払い:研修の1年間、算定に入れず /青森

 国の外国人研修生・技能実習制度を利用し、三沢市内の縫製会社に勤務する中国人女性3人が、未払い残業代の支払いなどを求めていた問題で、十和田労基署は、会社に出した是正勧告の内容を女性らに説明した。

 3人を支援する市民団体「外国人研修生問題ネットワーク福井」によると、同労基署は、3人が会社に派遣された04年7月以降、実習生として働いた05年7月から今年9月までの残業代などの未払いを認定、1人あたり約120万円の支払いを勧告した。

同じ日本人としては恥ずかしいことだが、日本人には立ち上がる勇気がないのだから、中国人の手を借りるのも仕方がないだろう。

それにしても中国人のえげつなさが、そのうちの一人が語ったという台詞に如実に現れている。

【続きを読む…】


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

カテゴリー
リンク
ブログ内検索

月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。