出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[自動車整備士]「ポルシェの神様」工場に死す 神奈川

テレビ番組のプロデューサーをしている台湾の友人がいる。その人は東京にも家をもっていて、一年の半分近くを日本で過ごす。日本にいるときは日本のテレビ番組を録画し、台湾にもって帰るため、我輩もよく観せてもらったものだ。

その中に、TVチャンピオンがあった。今でもあるのかと検索してみたら、まだ続いていた。バックナンバーがあったので、第一回をみてみたら横浜味覚王選手権だった。ぜひ競技内容の説明を読んでいただきたい。

我が同胞にとってはそれほど驚くべきことではないかもしれないが、実は恐るべきことなのだ。

日本人は、自分がこれと決めたその一点において、鋭くそして深く突き進んでいく気質が顕著だ。そこには損得勘定は働かないことも特筆すべきかもしれない。

これが漢人(これは我輩の習慣用語で、一般には中国人という)となると、金儲けにつながるかどうかが何よりも重要になる。したがって金儲けとは全く関係のないかわいいキャラクター・グッズ王選手権は中国では番組にならない。そんなことを知ろうとする人がいないのだ。

こうみてくると、我が国でオタクという言葉が生まれたのも当然だという気がする。

長い前置きだったが、タイトルのニュースをみてそんなことを感じた。

【続きを読む…】

スポンサーサイト

平和を維持するには平和を手に入れることが前提

堺泉北カープ会というブログに、日本共産党の目指す共産主義というシリーズがあり、日本共産党が定義する共産主義が分かりやすい言葉で書かれている。

そのシリーズ最後となる日本共産党の目指す共産主義その⑥にコメントしたところ、管理人であるsakaicarpさんからお返事をいただくことができた。

コメント欄に書き込もうと思ったが、長くなりそうなので、記事にしてしまおう。

【続きを読む…】

ハリー・ポッターの最終作

センシティブは英語?に追記の形にしようと思ったが、長くなりそうなので独立させることにする。

ハリー・ポッター最終作、題名は「死の聖人」

最終作となる第7作目のタイトルが「ハリー・ポッターとデスリー・ハローズ(死の聖人)」に決まったと発表した。

「デスリー・ハローズ(死の聖人)」とは全く不思議な表記の仕方だ。

【続きを読む…】

ジェンダーとgender

Fergusonというお笑いの天才がいる。ありがたいことにYouTubeにCBSがビデオクリップを投稿してくれるので、ありがたく鑑賞している。

さて、下のクリップを観て大笑いしていると、最後に興味深い話題が登場した。




なんでもアジア大会で「gender test」に失格して、メダルを返還させられた選手がいるとのことであった。

さてジェンダーについて思うことというブログにジェンダーバイアスとは?という記事がある。

【続きを読む…】

外国人に指紋押捺を強制へ:イギリス

英国将給外国人強行発放“身份証”という中国語の記事を見かけた。日本語に翻訳すると

イギリスが外国人に「身分証」を強制発行へ

となる。ニュース元はイギリスの「衛報」とあったが、我輩はイギリスのマスコミには詳しくないので調べてみるとThe Guardian newspaperであり、その記事はForeigners living in Britain face compulsory biometric ID cardsだと判明した。

この記事の要点をまとめると、ヨーロッパ以外の169の国からイギリスに行き半年以上滞在する人たちは指紋と写真を登録しなければならなくなる。さらに169の国のうちイギリスとビザ協定を結んでいる108の国からイギリスを訪れる場合は、たとえそれが一日限りの滞在であっても登録が必要になる、と。しかもこの登録作業は、イギリスのイミグレでするのではなく、イギリスに入る前に済ませておかなければならないようだ。

重大犯罪の検挙率を上げ、イギリス人そしておまけで外国人が安心して暮らすことができるように、との措置であろう。さっさと登録させるべきで、今まで実施されていなかったのが不思議なくらいだ。

さて、我輩は中国に住んでいて、写真は身体検査(外国人と香港マカオ台湾人は中国人よりも高い検査費を払わされる)のときと居留証手続きのときに提出してある。さらに指紋押捺を要求されても人権がどうしたこうした、などとごねるつもりもない。どんどんやってよりよい社会にしていってほしい。

【続きを読む…】

センシティブは英語?

[塩崎官房長官]英語連発で日本語訳問われ「う~ん」

12日の塩崎官房長官の記者会見で、自ら使用した英語に関し「『センシティブ』というのは適当な日本語訳はないんですか」との質問が記者から出た。塩崎氏は「うーん」と言葉に詰まった後、「何となくみんな『センシティブ』と言っているけど。『配慮が必要な』ってことなんでしょう」と説明、異例のやりとりとなった。

この記事を読んでイスからずり落ちそうになった。

センシティブは日本語であり、その日本語訳を質問するとはどういうことなのだろうか。分かりやすい言葉で、というなら分かるが、日本語に日本語訳を求めるのは解せない。ちなみにセンシティブは大辞泉でも大辞林でも形容動詞に分類されていた。

ひょっとして我が同胞たちは、このカタカナ語を英語だと捉えているのではないか、といぶかしんでいると次の記事が目に入った。
【続きを読む…】

国会での野党議員と一人の経済成長否定論者

だいぶ昔の話だが、テレビで国会中継を見ていたことがある。ただ、多くの野党議員の論議の進め方に胡散臭いものを感じたため、長続きはしなかった。くどいようだが、胡散臭いと感じたのは議論の内容ではなく、その進め方のことだ。

そのやり方で形式上は相手をやり込めることができるのだが、実りのある論議とはならないというもので、簡単に言うと、自分の考えを述べる代わりに、あいての答え方に制限をかけた質問をするというやり方だ。

例えば「それでは、あなたは環境破壊を容認なさるのですね?」と質問する。くだらない揚げ足取りや、本筋とはあまり関係のない末節に対する質問にうんざりしている政府の一員が、うかつにも「はい」か「いいえ」と答えたら、それはもうその野党議員の術にはまっているのだ。「はい」なら「政府与党は環境破壊を容認した」とマスコミを利用しがなりたて、「いいえ」ならその野党議員が気にくわない建設計画が行われそうになると「それは環境破壊につながるが、政府は環境破壊を容認しないといったはずだ」となる。

「はい」か「いいえ」で答えさせるとか、なにかしらの条件をつけた上で答えさせるのは、卑劣なやり方だ。殊に相手をやり込めようとしているときには。もちろんそれらの制限を付けた上で自問自答するなら、自分の議論を発展させるための手段となり、卑劣でもなんでもない。

といったことを、経済成長論者への質問という記事を読んで思い出した。この記事の作者である雑草さんは残念なことに、上記のような議論の進め方をしているために、議論の内容いかんに関わらず我輩は共感をもてなかった。

【続きを読む…】

黒石市職員が甲子園優勝校当てクイズ

黒石市職員が甲子園優勝校当てクイズ

黒石市職員らが今夏、「甲子園大会高校野球クイズ」と称して、8月開催の第88回全国高校野球選手権大会の優勝校を当てるクイズを行っていたことが13日、分かった。参加した職員は約420人で全職員の4分の3を占め、明石亙助役や横山重三教育長も加わっていた。野球を通じて高校生の健全育成を目指すという教育的な側面を併せ持つスポーツ大会を、市職員らがギャンブルとも受け取られかねない娯楽として楽しんでいたことで、市民の批判が高まりそうだ。

そうだそうだ、批判だ批判、批判を高めろ!

事実関係を知った市民の1人は「市の財政難で市民への負担が増え、純金こけしの売却問題も浮上している中で不謹慎。公務員が純真な気持ちで戦っている高校球児を見ながらクイズを行うとは、モラルに欠ける。真摯(しんし)な気持ちで仕事をしてもらいたい」と話した。

その通り!しっかり仕事しろ!

当てた職員に対しては1人当たり、積み立てた同期会会費の一部で購入した3千円相当の果物を贈った。

ん?積み立てた同期会会費?

クイズは、職員の中の同期でつくる同期会2団体(1団体10数人)が主催し、同期会会員から毎月募る会費で運営していた。

自分たちの金で買った3000円ほどの果物をプレゼントしたということか。

そもそもなんのためのイベントだったのだろうか?

第1回のクイズを始めた職員の1人は「職場の上下間や、ほかの課との親睦(しんぼく)を深める意味で、みんなでやれるレクリエーションの1つとして始まった」と話した。優勝を当てた職員への賞品はあったが金銭の授受はなく、「ギャンブルの意識はなかった」という。

いい話じゃないか。舶来物の「個性」などにかぶれて、人との付き合いがおざなりになっている日本に正に必要なイベントである。

また、今年のクイズを主催した同期会では「市民の誤解を招く行為だった。今後は行わない」と話している。

嗚呼、これでまた人と人とのつながりが消されてしまうようだ。

それにしても上に出てきた「市民の批判が高まりそうだ」という記事に呼応して登場した市民の発言は興味深い。

【続きを読む…】

被雇用者に対する搾取が続く日本

サービス残業などと、まるで自ら喜んでただ働きしているようなイメージを与える言葉を作ったのは誰なのだろうか。

日本人は、自分の権利を主張しないことが多いようで、ただ働きをして、挙句の果てには過労死などという恐ろしい状況に追い込まれたりする。会社から見ればこんなに使いでのある人はいなくて大助かりなのだろう。

ところが、漢人はそんな「団体精神」などないので、するべき主張をはっきりすることが多い。

三沢の縫製会社残業代不払い:研修の1年間、算定に入れず /青森

 国の外国人研修生・技能実習制度を利用し、三沢市内の縫製会社に勤務する中国人女性3人が、未払い残業代の支払いなどを求めていた問題で、十和田労基署は、会社に出した是正勧告の内容を女性らに説明した。

 3人を支援する市民団体「外国人研修生問題ネットワーク福井」によると、同労基署は、3人が会社に派遣された04年7月以降、実習生として働いた05年7月から今年9月までの残業代などの未払いを認定、1人あたり約120万円の支払いを勧告した。

同じ日本人としては恥ずかしいことだが、日本人には立ち上がる勇気がないのだから、中国人の手を借りるのも仕方がないだろう。

それにしても中国人のえげつなさが、そのうちの一人が語ったという台詞に如実に現れている。

【続きを読む…】

ボノが日本の支援を賞賛、安倍首相は「イケてる」

ボノが日本の支援を賞賛、安倍首相は「イケてる」

 安倍首相との会談後、ボノさんは記者団に「90年代に貧困国に対し支援国として、その割合だけでなく量的にも世界を先導した日本を、世界は本当に理解していない」とコメント。

ありがとう、ボノさん。日本のことを世界は理解していないのかもしれないが、日本も自分のことを理解していないのだよ。

このボノさんというのは、アイルランドのU2というバンドでボーカルを務めている人だそうだ。実は我輩はU2の歌を聴いたことがなく、AppleからiPod U2 Special Editionが出されたことを知っていたのが、このバンドに関する唯一の知識であった。ちょっとチェックしてみたら、去年は米TIMEの今年の人物にも選ばれたそうだ。

 さらに「特に東南アジアに対する支援において日本が大きな成功をおさめたこと、またその他の発展途上国に対する支援にあたって日本からわれわれが学べることがたくさんあることを、世界は理解していない」と述べるとともに、2000年に初めて日本が提案した世界的な基金によって、現在、数十万人のエイズ患者が治療薬を手にすることができていることを明らかにした。

日本にはアニメとコンソールゲームだけしか残っていない、というわけではないのだ。

なにかというと「世界から仲間はずれにされる」だの「アジア諸国の怒りを買う」だのと、勝手に先回りしてウソの宣伝しているオツムの足りない反日日本人よ、ボノさんの言葉を真摯に受け止めたまえ。

ちなみに我が祖国が、世界の人々からどのように見られているかについては、World Public Opinion.orgに掲載された調査の結果が参考になる。

【続きを読む…】

[民主党]高校までを義務教育化

我輩には高校まで義務教育化する意味が分からない。ゆとり教育で国民の学力低下、つまり国力の低下を招いたことへの反省なのだろうか。不思議な主張をする政党があるものだと、ウェブサイトを見てみたら核武装論議に国民の力で決着を 小沢代表強調というのが見つかった。

民主党の小沢一郎代表は3日、盛岡市で記者会見し、麻生外相、中川自民党政調会長らによる核武装論議について「国会で多数を握る与党はけりをつけられないので、選挙で決着をつけるしかない。国民の皆さんが自ら判断することだ」と述べ、来年の参議院選挙などで国民が良識を発揮して、与党を敗北に追い込むべきだとの考えを明らかにした。

国会で多数を握る与党はけりをつけられないので、選挙で決着をつけるしかない。の部分はなにが言いたいのだろうか。

選挙の結果で決まった議席が多数である与党はけりをつけられないしたがって選挙は意味がないとくるのが当然の展開であろう。ところがなんと選挙で決着をつけるしかないときた。仮にこの人が所属する政党が国会で多数を握ったら「我が与党にはけりがつけられない」と主張するのだろうか。それならそんな政党は存在価値がないし、そうでなければここでの主張は無意味だ。この人は大丈夫なのだろうか。お体には気をつけていただきたい。

さて、表題の件に移ろう。[民主党]高校までを義務教育化 基本政策に掲げる

教育分野では国が「義務教育での財政責任と学ぶ権利の保障について最終責任を負う」としたうえで、教育委員会を廃止し、「学習内容や具体的な学校運営」は市町村の役割と規定した。高校の義務教育化に加え、5歳児の就学前教育の無償化を掲げ、保護者負担軽減を打ち出した。


【続きを読む…】


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

カテゴリー
リンク
ブログ内検索

月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。