出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被雇用者に対する搾取が続く日本

サービス残業などと、まるで自ら喜んでただ働きしているようなイメージを与える言葉を作ったのは誰なのだろうか。

日本人は、自分の権利を主張しないことが多いようで、ただ働きをして、挙句の果てには過労死などという恐ろしい状況に追い込まれたりする。会社から見ればこんなに使いでのある人はいなくて大助かりなのだろう。

ところが、漢人はそんな「団体精神」などないので、するべき主張をはっきりすることが多い。

三沢の縫製会社残業代不払い:研修の1年間、算定に入れず /青森

 国の外国人研修生・技能実習制度を利用し、三沢市内の縫製会社に勤務する中国人女性3人が、未払い残業代の支払いなどを求めていた問題で、十和田労基署は、会社に出した是正勧告の内容を女性らに説明した。

 3人を支援する市民団体「外国人研修生問題ネットワーク福井」によると、同労基署は、3人が会社に派遣された04年7月以降、実習生として働いた05年7月から今年9月までの残業代などの未払いを認定、1人あたり約120万円の支払いを勧告した。

同じ日本人としては恥ずかしいことだが、日本人には立ち上がる勇気がないのだから、中国人の手を借りるのも仕方がないだろう。

それにしても中国人のえげつなさが、そのうちの一人が語ったという台詞に如実に現れている。

記者会見した蒋凌雲さん(32)は「是正勧告には感謝しているが、研修生時代の判断については失望している」と語った。

その判断とは

研修生だった当初の1年間については、「労働者扱いしない」との判断で算定しなかったという。

の部分だ。

研修生という名称からして何かの技術を勉強しに来ているわけで、勉強してお金をもらおうというのはよくわからない。

普通の学校でお金つまり奨学金をもらうには、なにか突出した技術か能力が必要なのだが、この人にはそのようなものがあったのだろうか。研修生になるくらいだから、そんなものはなかったと考えられる。

ちょっと検索してみると、JITCO - 研修と技能実習の相違というのがみつかった。研修生はその名のとおり「研修生」であり、労働者性はなく、就労は認められず、しかも受け入れ側は生活の実費として研修手当が支払う、となっていた。

これを読む限り、研修生が働く、逆から言うと研修生に働かせるのは違法だと考えられるが、その部分はどうなっているのだろうか。

また、ここを読むと、73.4%が中国人なのだが、これはあまりにも偏りすぎだろう。しかも調査の結果多数の失踪者が発生しているとか失踪者を多数発生させたとして大阪入国管理局から改善指導を受けたが、再度多数発生しているということは、日本に危害を与えているということになる。

読んでいて頭が痛くなった言葉を紹介しよう

JITCOは外国人研修正・技能実習生の受入れを支援し、開発途上国の人材育成に寄与します。

しっかり管理できないのであれば、この制度は廃止にしたほうが日本のためだ。ましてや開発費用が日本のそれを抜いた中国から来ている人が多数を占める制度なのだからなおさらだ。

ちなみに中国から日本へ出稼ぎに行くのは簡単で、別ブログで紹介した日本で働きながら勉強しましょうというのもあるし、日本に不法滞在して働いた金で福建の省都にマンションを建て、帰りたくなったら自首して帰りのチケットをただにして、さらにまた日本に戻ってきて、今ではカナダで悠々と暮らしている奴もいる。

この制度は廃止すべきだ。
スポンサーサイト

←この記事で何かを感じたらクリックしていただけるとありがたい

この記事に対するコメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2008/12/28 14:55】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2008/12/29 13:13】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/01/23 18:27】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

カテゴリー
リンク
ブログ内検索

月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。